【後悔】モニターの24インチから27インチへ買い替えが遅すぎた件

f:id:hodagane:20200118171604j:plain

 

誰もが迷うモニター(ディスプレイ)サイズとして「24インチ」か「27インチ」どちらにするか。

 

27インチって大きすぎないかな?選ぶなら4K?

 

以前の僕もモニター買い替えで悩みすぎて、なかなか購入できませんでした。

 

そして、あることがキッカケでモニター買い替える決心をしたのですが、とても後悔することになります。

 

もっと早く27インチへ買い替えすべきだったー!

 

買い替えたことで今まで24インチはとても目に悪かったことに気付き愕然としました。

カンのいい方ならもう気付きましたね。僕の買い替えのキッカケとは疲れ目です。

 

Point

キッカケは人それぞれ何でも良いですよ。27インチってどうなの?って思っただけでも立派なキッカケです。この記事では27インチの良さを徹底的に解説するよ♬

 

そんな僕が買い替えたモニターが当たりだったの紹介したいと思います。

モニター買い替えで迷っている方の参考になれば幸いです。

 

 

 

27インチのBenQ GW2780を選んだ理由とは

f:id:hodagane:20200118173230j:plain

 

いきなり結論ですが、僕が選定したモニターは27インチの『BenQ GW2780』です。

 

・最新モデルはこちら➡BenQ 27型アイケアモニター EW2780

 

今までと同じ24インチではなく、あえて27インチにした理由はただ一つ。

 

一日中PCをやっていても目が疲れないモニターが欲しい!

 

そこで考えた僕がほしいモニタ条件は以下の4つ。

 

条件

 

・文字が大きく見える

・とにかく目に優しい技術が入ってる

・せっかくなら格好いいデザイン

・やっぱり良いものを安く手に入れたい

 

 

これらの条件をパーフェクトにクリアしたモニターが『BenQ GW2780』でした。

基本スペックはこちら。 

項目 スペック
画面サイズ 27
パネル IPS
バックライト LED バックライト
解像度 1920x1080
輝度 250
コントラスト比 1000:1
視野角(左右/上下) 178/178
応答速度 8ms, 5ms(GtG)
リフレッシュレート 60Hz
アスペクト比 16:9
表示色 1,670 万カラー
色域 72% NTSC
表示サイズ(mm) 597.60x336.20

 

では、ひとつずつ気に入った機能や性能を説明しますね。上記4つの条件のどれかに当てはまるよ。

 

画面を大きくすると圧倒的に見やすい

冷静に考えれば当たり前ですが、文字が大きくなり、かなり見やすくなります。本当に読むことが楽で、いままで目をこらしめて見てたんだなあと実感できます。普段からネットサーフィンで読みあさる生活をしているので、この恩恵は非常に大きかったです。

また、僕はPCでよく映画を観ますが、27インチになるとグッと迫力が出てさらに観るのが楽しくなりましたー。

ちなみに24インチと27インチ大きさがどれだけ違うか数値で見てみると以下になります。

横幅は約53➡約60cmに上がり約7cmアップ。対角でみても約7.5cmアップ。7.5cmって僕のスマホの横幅以上ですよ。結構大きくなったのが分かりますよね。

f:id:hodagane:20200115232341j:plain

 

ちなみに、実物で同じように見比べるとこんな感じ。

f:id:hodagane:20200118082006j:plain

 

Point

目の前に座ってパソコン操作をするPC画面としてはこの27インチが絶妙な大きさで、これ以上大きいと視野が広すぎて逆に見ずらいと思いますのでご注意を!

 

アイケアテクノロジーに妥協なし

BenQは『アイケアテクノロジー』と称して徹底的に目に優しい技術を持っています。僕が買った「GW2780」にも以下の3つのテクノロジーが搭載されています。

ブルーライト軽減

目にマイナスの影響をもたらすブルーライトの放射を低減して、目が受ける疲労や刺激を効果的にやわらげる機能。だからPCをやる際、ブルーライトカットのメガネをする方がいますが、このモニターなら必要もないですね。

フリッカーフリー

目の疲れやダメージなど、従来のLCDのフリッカーに起因する有害な影響を軽減する機能。肉眼ではフリッカーしているか分からないけど、確実にフリッカーしている画面で長時間作業すると目が疲れます。僕もこの機能のおかげで疲れ目が改善したと実感してるよー。

ブライトネスインテリジェンステクノロジー

視聴環境周辺の光量を検出して輝度を自動調整するので、最高に快適な視聴体験を提供する機能。実際に昔TVの光量が明るすぎた状態で見すぎて、目が充血したことがあるので、この機能も疲れ目に有効と僕も思います。しかもこの機能、表示している画像の輝度を検出して、明るい部分は露出オーバーにならないように、暗い部分は鮮明さが失われないように調整する、とことん「美しく見せる」にこだわってます。

 

ウルトラスリムベゼルが格好いい

f:id:hodagane:20200118095102j:plain

 

これには驚きました~(笑)。ほんと笑うしかない。ベゼル(画面の縁)がとにかくスリム。そうだよね、縁なんて無駄なスペースだから少しでも細くして本体サイズをコンパクトにした方がよいってメーカーのこだわりを感じます。だから、このデザインはシャープで「格好いい」の一言です。 

 

IPSでどの角度でも美しい映像はステキで優しい 

今ではかなり常識なくらい浸透してきましたがIPSならどの角度から見ても美しく正確な色を再現してくれます。 たとえば映画を子供と楽しむ場合、二人とも真正面から見れるわけではないので、このIPS機能はとても重要です。そして一般的にはIPSは目に優しい方式と認知されていますよね。

 

ノングレアがやっぱり目にやさしく最高 

これは過去の経験上、グレアタイプを使用していてメッチャ目が疲れ耐えられなくなったことがあるので、僕にとってはとても重要な条件です。グレアであると鏡のように映り込みしてしまうので、これがとても目に悪い。スマホなら角度を変えて映り込まないように調整できますが、モニターは手軽に出来ないので映り込みしないノングレアは必須条件です。

 

4KではなくフルHDがベスト

4Kと言うなんか最先端的な響きに飛びつきそうですが、ちょっと待って冷静に。サイズ(画素数)を調べると4KとはフルHDを4枚並べたのと同じ。以下にそれぞれの画総数を示します。

 

 

フルHD(1,920×1,080)

 

4K(3,840×2,160)

 

 

よって、同じ27インチで4Kにすると1ドットの大きさが半分なので、必然的に文字も小さくなる。これって24インチのフルHDよりももっと細かいわけで、同然目にはツライですよね。だから僕はあえて高価な4KではなくフルHDで十分なのだ。

 

圧倒的なコストパフォーマンスが嬉しい

 

 

正直、この充実した機能でこの値段は安すぎです。

 

コストパフォーマンスがハンパねえなあ。

良いものが安く手に入るいい時代になったね。

 

そして、さらに進化し、最新モデルはアイケア+HDRなのだ。

※HDR(ハイダイナミックレンジ)・・・いままでより広い明るさの幅(ダイナミックレンジ)を表現できる表示技術

 

まとめ.24インチではなく27インチがベストモニターだった

いかがでしたでしょうか。「BenQ GW2780」の魅力が伝わったでしょうか。

このモニターに変えて、疲れ目がウソのように無くなり、目薬するのを忘れてしまうぐらい劇的な変化が僕の中で起こりました。アイケアテクノロジーは本当にすごい!

テレビ・PC・スマホ・タブレット...目を酷使する時代です。だからこそ目の健康を真剣に考えたメーカーってエライ!

 

作業しても良し!映画見ても良し!もちろんゲームしても良し!

 

27インチ、サイコーです!